ColdFusionは実は優れた言語ではないか、と言う考察 – 1

ColdFusion-開発効率を求められる今だから知りたい高性能Webアプリケーションサーバーという連載を始めました。ここに書いてあることよりまともな批評や紹介をしているつもりなので、是非参考にしてください。

ある程度のアクセスがあるサイトでは、はてなに代表されるようなPerlやRuby on Railsなどが熱いのですが、Adobe(旧Macromedia)が出しているColdFusionと言う言語があります。当方が関わっているサイトで月間約5300万PVあるサイトがあるのですが、そこではColdFusionを使っています。

最近はてなのnaoyaさんがInside Hatena Bookmark’s Backendという記事で、はてなブックマークのサーバー構成などを公開されていたのですが、そこには月間4500万PVとありました。同じぐらいの規模を持つサイトとして、PerlとColdFusionを比べてみよう、と言う記事です。

まずはサーバー構成から。

  はてな 弊社
フロントエンド(リバースプロキシ) 1台 1台
DBマスター 1台 1台
DBスレーブ 5台 2台
※アプリケーションサーバーと同居
アプリケーションサーバー 10台 2台
※DBスレーブと同居
画像配信サーバー 1台
合計 17台 5台

比較したときの大きな違いはアプリケーションサーバーの台数でしょう。はてなはDBとアプリケーションサーバーを分けた状態でアプリケーションサーバーが10台もあるわけですが、弊社は2台で処理をしています。また弊社の場合、アプリケーションサーバーにDB(MySQL)が同居しています。それでいて、レスポンスタイムははてなブックマークと同程度です。

ということは単純に考えれば、Apache+ColdFusion MX 7はApache+mod_perlの5倍程度の性能を持っているものと考えられます。もちろんサーバー性能自体がかなり違うと言うこともあり得ますので、弊社のDB兼アプリケーションサーバーのスペックを載せておきます。

製品 Dell PowerEdge 1850
CPU Intel Xeon 3GHz * 2
メモリ 6GB(実際使ってるのはピークでも2.3GBほど)
HDD SCSI 73GB*2 RAID1
OS CentOS 4.1
Apache 2.0
MySQL 4.1
ColdFusion ColdFusion MX 7 スタンダード版

また、ピーク時のアプリケーションサーバーの稼働状況は以下の通り。

ロードアベレージ 約6
リクエストを受けてるApache worker 約80
データベースアクセス 約700アクセス/秒
平均リクエスト処理時間 約100ms

ちなみに、はてなと同じくサーバーを足していけば、今の10倍程度のアクセスまではスケールアウトしていくような設計にしています。

俄然ColdFusionに興味が湧いてきたのではないでしょうか?

ColdFusionは実は優れた言語ではないかという考察 – 2に続く

追記2006/4/6

はてなブックマークでnaoyaさんに指摘されたのですが、確かに同じものを実装して性能比較しないと、同じぐらいのPVだからと言うことで出した5倍という数字は意味を成さないですね。失礼しました。

One thought on “ColdFusionは実は優れた言語ではないか、と言う考察 – 1”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *