GDataってもっと注目されてもいいんじゃないの&非公式開発者ガイド

GoogleがGoogle Data APIs (Beta) Developer’s Guideを公開しました。

Google Data APIs (略称はGData)というのは何かというと、RSSとAtomを組み合わせてそれを拡張したもので、フィードを取得したり、Atom publishing protocolを使ってデータを作成したり更新したり、また全文検索などのデータの問い合わせをできるようにしたプロトコルです。 GoogleのAPI戦略に新たな動き、GDataで「Google Calendar」のAPI公開 (MYCOM PC WEB)に簡単な説明が載っているので引用します。

REST、Atom 1.0およびRSS 2.0をベースにした新しいプロトコルである。GDataをサポートするサービスから情報を取得する場合、クライアントはHTTP GETリクエストを送り、サービスはAtomまたはRSSフィードを返す。またHTTP PUTリクエストを送ることでデータのアップデートも可能だ。Google Calendarのような個人サービスにアクセスするための認証にも対応する。拡張性が高く、Gmail、Google Reader、Bloggerなど、Googleの他の認証を必要とするサービスへの展開も今後の注目点となる。

2006/4/24日現在、GDataでGoogleで検索してもあまり関連記事が引っかからないことから注目度は低いようなのですが、意外と注目してもいいんじゃないのかな、と思っています。

前述のMYCOMの記事では「Googleのサービスが共通のAPIで統合できるのではないか」というようなニュアンスで書かれているのですが、そうではなく、GDataをサポートするサービスならGoogleに限らずどれでも統合できてしまうのではないかと思うのです。

Google Calendarをはじめ、はてなだったり、Livedoor RSS Readerだったり、散財.comだったり、Socialtunes*だったり、YouTubeだったりが、共通のAPIで操作できたらすごいと思いません?僕もまだGDataに関しては勉強中なのですが、ドキュメントを読む限りではGDataというプロトコルさえサポートすれば、どんなサービスでも共通のGDataというプロトコルを使って操作できるようになるのではないかと思います(勘違いだったらゴメンなさい)。

また、Web2.0の時流に乗ってマッシュアップ可能なサービスを提供しようかと思ってるけど、外部に公開するAPI考えるの面倒くさい、という人は、GDataをもとに、それを拡張していけば、APIを1から作らずに済むし、またGDataをサポートするクライアントを図らずもサポートしてしまうと言う一石二鳥だと思うのです。

なので、GDataは要注目です。

また、クライアントライブラリはC#とJava版が公開されているのですが、やっぱりColdFusion版とかは無かったので、APIの勉強がてら、ドキュメントを翻訳してみました(GData非公式開発者ガイド)。翻訳途中で訳もあまりキレイではないですがこちらもあわせてどうぞ。

4 thoughts on “GDataってもっと注目されてもいいんじゃないの&非公式開発者ガイド”

  1. maskaiさん
    情報ありがとうございます。
    長いページの場合は編集がかなり楽になる便利なプラグインですね。
    さっそく導入しました。

  2. >GDataというプロトコルさえサポートすれば、どんなサービスでも共通のGDataというプロトコルを使って操作できるようになるのではないかと思います(勘違いだったらゴメンなさい)

    間違っているいない、ではなくて理想の上の話ですが、「GDataというプロトコルを使えば」ではなくて「The Atom Publishing Protocolを(ベースに)使えば」様々なサービスで利用できるようになるという事だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *