Flexをオンラインで試せるFLEXifier

RIAのインターフェースを構築するツールであるAdobe Flex 2。Flex 2のSDKは無料公開されているので、MXMLというXMLベースの言語でインターフェースを記述すれば、SDKでFlashにコンパイルすることができます。ただ、SDKをダウンロードしてインストールするという手間がかかるので、手軽には試すことができませんでした。そこで、オンライン上のフォームにMXMLやActionScript3を入力することで、即座にコンパイル結果を見ることができるFLEXifierというサービスが公開されました。

MXML/AS Source Codeという欄にMXMLやActionScript3を入力して、Try itボタンを押すと、下に変換結果が表示されます。また、サンプルのコードが用意されてるので、CategoryやEntriesで選んでみるとよいでしょう。

ちなみに、Flex 2を閲覧するためにはFlash Player 9が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *