ColdFusion 8 (Scorpio)プレリリースプログラムに応募可能

次期ColdFusionであるColdFusion 8 (Scorpio)のプレリリースプログラムに応募可能になりました

MAX2006のScorpioセッションで披露された内容によれば、Scorpioでは今までColdFusionでブラックボックスになっていたサーバー内の様子がモニタリング可能になっているようです。例えばどのクエリに時間がかかっているとか、どのクエリが何回実行されて、キャッシュ上のサイズはどれぐらいかなど詳細に観察可能になっている模様。大規模サイトを運用するにあたっては、何が原因でパフォーマンスが出ないかを解析するのは大事なことであり、それが可能になる今回の改善は非常に嬉しく、また実用的。これでばりばりチューニングできそうです。

4 thoughts on “ColdFusion 8 (Scorpio)プレリリースプログラムに応募可能”

  1. 応募用の URL ですが、Vista + IE7 では Scorpio のアンケートまでたどり着けませんでした。
    Vista + Firefox 2 だとOKでした。

  2. ご指摘ありがとうございます。
    リンクのURLを直してみましたが、これで飛べるようになったでしょうか。

  3. 早速の対応ありがとうございます。

    発生していた問題は、prerelease.adobe.com に飛んだ後アンケートのページが表示されないというものです。
    JavaScript 方式のリンクでもログインページにはジャンプできていたので、たぶん、adobe 側の問題だと思います。

    リンクの貼り方が悪いかのような表現をしてすみませんでしたm(_ _)m

  4. Adobe社のVista対応状況一覧でColdfusion、JRunを見ると
    http://www.adobe.com/jp/support/winvista/
    Coldfusionは『次期バージョンで対応』とありますが、
    JRunは『Longhorn対応予定なし』、となっていました。

    自分はJRun層までは使いこなしていないので
    影響は測りかねますが、PHPに負けないよう
    強化されると心強いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *