ColdFusionのCFC検索パスを動的に追加・削除する方法

ColdFusionのCFCは、デフォルトでは呼び出し元、Webルート、CF administratorのカスタムタグのパスに指定されているディレクトリの順に検索されます。Perlなどは@INC配列にディレクトリを追加することで、ライブラリの検索パスを追加できますが、ColdFusionでそれをする方法。

解法は簡単で、カスタムタグの検索パスをAdministrator API経由で動的に追加してあげればOKです。

<cfscript>
CreateObject('component', 'cfide.adminapi.administrator').login('password');
ext = CreateObject('component', 'cfide.adminapi.extensions');
ext.setCustomTagPath('/home/katz/somepath');
ext.setCustomTagPath('/home/katz/anotherpath');
ext.deleteCustomTagPath('/home/katz/pathToRemove');
</cfscript>

ただし、これはサーバー全体の検索パスが変わってしまうので、アプリケーションインスタンス毎に設定したいと言うことはできないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *