MacPortsをGUIで管理できるPorticus

RedHat系ならyum、Debianならapt-getのように、各種パッケージ管理ツールがありますが、それのMac版がMacPorts。MacPortsを使うと、各種オープンソフトウェアを簡単にインストールできるようになります。

ただ、MacPorts自体はyumのようにコマンドラインツールのため、コマンドラインアレルギーがある人にとっては辛いもの。そこで登場したのが、GUIでMacPortsを管理できるPorticusです。

Porticusを使うと、現在MacPorts経由でインストール可能なソフトウェア一覧を見ることができ、また、ソフト名で絞り込み検索などできます。そして、インストールしたいソフトを選び「Install」ボタンを押すだけでインストールできます(依存するソフトは自動でインストールされます)。

注意点は、まず、Porticus単体では動かないこと。MacPortsをインストールしておく必要があります。次に、MacPortsはバイナリを配布するyumなどとは違い、ソースからコンパイルするため、コンパイル環境であるXcodeをインストールしておく必要があることです(XcodeはMac OS XのインストールCDに入っています)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *