Dreamweaver MX 2004がいちいちCSSファイルを開くわけ

Dreamweaver MX 2004 のパレットなどを使ってスタイルを修正すると、そのスタイルが書かれているCSSファイルが自動的に開かれます。最初なぜわざわざ開くのか分からなかったのですが、その動きにはちゃんと意味があるのでした。

Dreamweaver MX 2004 のパレットなどを使ってスタイルを修正すると、そのスタイルが書かれているCSSファイルが自動的に開かれます。最初なぜわざわざ開くのか分からなかったのですが、その動きにはちゃんと意味があるのでした。

Dreamweaver MXまではCSSファイルに書かれているとおりにデザインビュー上でレンダリングさせるには、いったんCSSファイルを保存してやる必要がありました。これの問題点は、例えばCSS編集ダイアログから間違った色指定をしてしまった場合などに、その変更はダイアログを閉じた時点でCSSファイルに保存されてしまっているので、「その変更やっぱ間違い」と言うときにまたダイアログを開いて該当箇所を元に戻さなければなりません。間違った変更が何カ所もあったときは最悪です。

対してDreamweaver MX 2004はCSSファイルを保存してない状態でもそのファイルに書かれているスタイルをデザインビュー上でレンダリングすることが出来るようになりました。ダイアログなどでスタイルを変更したときにCSSファイルが開かれるのはこのためで、「その変更やっぱ間違い」と言うときには、開かれたスタイルファイルに対してメニューから 編集 > 取り消し とやるだけで変更を取り消すことが出来ます。

HTMLファイルとそれからリンクされているCSSファイルを開いておいて、CSSをちょっと書いてCSSファイルを保存せずにHTMLファイルに戻ってデザインを確認、なんて使い方も出来るようになりました。

知ってるようで意外と知られていないDreamweaver MX 2004の新機能でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *