headタグにJavaScriptを書き込まないーJsSeparateExport

SEOの観点からはheadタグの中はなるべくシンプルにすることが望ましいのですが、Fireworksでロールオーバーやポップアップを使いそのファイルを書き出すと、書き出されたHTMLファイルのheadタグのなかにはビヘイビア用のJavaScriptファイルが書き込まれます。このFireworksの拡張機能(JsSeparateExport)を使うと、書き出しの際にビヘイビア用のJavaScriptは外部の.jsファイルとして書き出され、headタグの中をシンプルな物にすることができ、SEOを行う際の作業工程を一つ減らすことができます。

SEOの観点からはheadタグの中はなるべくシンプルにすることが望ましいのですが、Fireworksでロールオーバーやポップアップを使いそのファイルを書き出すと、書き出されたHTMLファイルのheadタグのなかにはビヘイビア用のJavaScriptファイルが書き込まれます。このFireworksの拡張機能(JsSeparateExport)を使うと、書き出しの際にビヘイビア用のJavaScriptは外部の.jsファイルとして書き出され、headタグの中をシンプルな物にすることができ、SEOを行う際の作業工程を一つ減らすことができます。このアイディアはケセラケラの間蔵さんによるものです。

インストール方法

JsSeparateExport for MX2004 Version 1.0.0 (Fireworks MX2004専用)またはJsSeparateExport for MX Version 1.0.0(Fireworks MX専用)をダウンロードして、ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。そうするとExtensionManagerが立ち上がりこの拡張機能がインストールされます。

使い方

  1. Fireworksを起動してメニューから ファイル > HTMLの設定 と選びます。
  2. 表示されたダイアログの一般タブを選びます。
  3. その後HTMLスタイルのところで[Dreamweaver_JSSeparate HTML]または[Dreamweaver_JSSeparate XHTML]を選びます。

そうした後にファイルを書き出すと、JavaScriptが別ファイルになって書き出されます。ビヘイビアに共通のJavaScriptはfw_behavior.jsとして書き出されます。fw_behavior.jsはどのファイルを書き出しても同じ物が書き出されるので、サイト内で使い回すことができます。ポップアップメニューを使用している際は「書き出しファイル名+"_m.js"」というファイルができます。このファイルにはポップアップメニューに関するJavaScriptが書かれています。このファイルは書き出すPNGファイルごとに違うものとなるので使い回すことはできません。

書き出されるHTMLの例

JsSeparateExportを使って書き出した場合のheadタグの中身

<head>
<title>navi.gif</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;">
<!–Fireworks MX 2004 Dreamweaver MX 2004 target. Created Tue Mar 16 13:05:16 GMT+0900 ( ) 2004–>
<script language="JavaScript1.2" src="navi_m.js"></script>
<script language="JavaScript1.2" src="fw_behavior.js"></script>
<script language="JavaScript1.2" src="mm_menu.js"></script>
</head>

普通に書き出したときのheadタグの中身

<head>
<title>navi</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;">
<!–Fireworks MX 2004 Dreamweaver MX 2004 target. Created Tue Mar 16 13:02:37 GMT+0900 ( ) 2004–>
<script language="JavaScript">
<!–
function MM_findObj(n, d) { //v4.01
var p,i,x; if(!d) d=document; if((p=n.indexOf("?"))>0&&parent.frames.length) {
d=parent.frames[n.substring(p+1)].document; n=n.substring(0,p);}
if(!(x=d[n])&&d.all) x=d.all[n]; for (i=0;!x&&i<d.forms.length;i++) x=d.forms[i][n];
for(i=0;!x&&d.layers&&i<d.layers.length;i++) x=MM_findObj(n,d.layers[i].document);
if(!x && d.getElementById) x=d.getElementById(n); return x;
}
function MM_swapImage() { //v3.0
var i,j=0,x,a=MM_swapImage.arguments; document.MM_sr=new Array; for(i=0;i<(a.length-2);i+=3)
if ((x=MM_findObj(a[i]))!=null){document.MM_sr[j++]=x; if(!x.oSrc) x.oSrc=x.src; x.src=a[i+2];}
}
function MM_swapImgRestore() { //v3.0
var i,x,a=document.MM_sr; for(i=0;a&&i<a.length&&(x=a[i])&&x.oSrc;i++) x.src=x.oSrc;
}
function MM_preloadImages() { //v3.0
var d=document; if(d.images){ if(!d.MM_p) d.MM_p=new Array();
var i,j=d.MM_p.length,a=MM_preloadImages.arguments; for(i=0; i<a.length; i++)
if (a[i].indexOf("#")!=0){ d.MM_p[j]=new Image; d.MM_p[j++].src=a[i];}}
}
function mmLoadMenus() {
if (window.mm_menu_0316114846_0) return;
window.mm_menu_0316114846_0 = new Menu("root",63,20,"Verdana, Arial, Helvetica, sans-serif",14,"#000000","#ffffff","#cccccc","#000084","left","middle",3,0,1000,-5,7,true,true,true,0,true,true);
mm_menu_0316114846_0.addMenuItem("fdsfdfs");
mm_menu_0316114846_0.hideOnMouseOut=true;
mm_menu_0316114846_0.menuBorder=1;
mm_menu_0316114846_0.menuLiteBgColor=’#ffffff’;
mm_menu_0316114846_0.menuBorderBgColor=’#555555′; mm_menu_0316114846_0.bgColor=’#555555′;
mm_menu_0316114846_0.writeMenus();
} // mmLoadMenus()
//–>
</script>
<script language="JavaScript1.2" src="mm_menu.js"></script>
</head>

11 thoughts on “headタグにJavaScriptを書き込まないーJsSeparateExport”

  1. 参考になりました。
    body内のポップアップメニュー共通部分も
    外部ファイルで簡単にすることってできるんでしょうか?

  2. mkさん、
    はい。ボップアップで使われている共通のJavaScriptはfw_behavior.jsというファイルに書き出されます。これはどのpngファイルを書き出しても共通のはずなので、これを使い回せますよ。

  3. mkです。
    早速のコメントありがとうございました。
    拙者言葉足らずでしたが、ポップアップメニュー共通部分というのは、body内のtable部分を指していました。
    各ページにポップアップメニューが複数(中身は一緒)あるので、読み込み時間をなるべく少なくしたいのと、メニューを変更した時に外部ファイルとして一括ですまないかと考えておりました。
    でもこれだと、”headタグにJavaScriptを書き込まない”というタイトルとはちょっと離れてしまいますが・・・。
    参考までに何かお考えがありましたら、教えて頂けますでしょうか?
    よろしくお願い致します。

  4. mkさん
    なるほど、そういうことでしたか。
    たしかに同じポップアップメニューであれば共通化出来ればいいですよね。
    ただ、この辺りの共通化を行おうとすると、HTMLとかJavaScriptのファイルとかいろいろなところを書き換えないといけなくなると思うので、少し難しいような気がします。
    何か良い方法を思いついたら、また書き込みます。

  5. エドさん
    Dreamweaverのビヘイビアのポップアップメニューは、JavaScriptを別のファイルに分離してしまうと、ポップアップメニューの中身の編集が出来なくなってしまいます。なので、Dreamweaver版は出来ないです。

  6. mkです。
    再度のご回答ありがとうございます。
    現在制作中のものは、複数のポップアップメニューが1つのtable内に1行*5列という形でまとまっているので、table全体をdocument.writeで始まる外部ファイルとして書き込めないか?とチャレンジ中です。
    Fireworksの拡張機能についてはちんぷんかんぷんですが、手作業でたくさん有るページのメニュー変更を行っているため、少しでも作業が楽になればいいなと思っています。(もちろん読み込み速度も早くなれば言うことなしですが)
    またまた、タイトルより横道にそれてしまい申し訳ありません、今後ともよろしくお願い致します。

  7. JsSeparateExportですが、ファイルをダウンロードしたいのですが、再度、ダウンロードできるよう、アップロードして頂けますか?よろしくお願い致します。m(__)m

  8. yes-no-makuraさん、
    失礼しました。ファイルをアップロードし忘れていました。
    もうダウンロードできるようになっているはずです。
    お試しください。

  9. はい。ありがとうございます。確認出来ました。

    queserasera.jpの方に問い合わせが来ていましたので
    再度ダウンロードできますと助かります。

    その方にも連絡しておきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *