Mac OS X上で色盲の人が見ている画面の見え方をシュミレーションするツール – Sim Daltonism

Windows XPでは富士通ColorDoctorで色盲の人が見ている画面をシュミレーションできたのですが、Mac OS X向けには今までそういった類のツールを見つけることができず、アクセシビリティーに配慮した色選びには苦労させられました(富士通ColorSelectorを使って、色弱者や高齢者でもコントラストがつく色の組み合わせを探すことはできましたが)。

最近Mac OS XのソフトウェアでSim Daltonismというものを発見しました。これは、Mac OS X上で色盲の人が見ている画面の見え方をシュミレーションするツールです。

Continue reading

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第2.0版

かなり前からアクセシビリティに取り組んでいる富士通ですが、アクセシビリティー診断ソフト「WebInspector 4.0」とアクセシブルな色を選ぶのに役立つ「ColorSelector 4.0」をリリースすると同時に「富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第2.0版」を公開してたんですね。気づかなかった…。

Continue reading

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針

富士通ウェブ・アクセシビリティ指針が公開された2002年6月の時は、アクセシビリティーの意味とか何でそうするのかとかが分からなくてちゃんと読んでなかったんだけど、今読むとなるほどと思うところがいくつかありました。

28.画像への直接リンクはせず、画像読み込み用のHTMLファイルを作成し、そこにリンクすること

35. 取消し線など意味が大きく変わる文字修飾タグは単独で使用せず、「取り消し」等の言葉を併記すること

この2つが特にハッとしたものです。指摘されないと気づかないことってあるよね。

Continue reading