Google Analyticsのベータ版に参加する

Google Analyticsにはベータ版のようなものが存在します。たとえば、今現在Event TrackingのAPIは用意されていますが、そのデータを見るためのコンソールが通常のAnalyticsにはありません。

Google AnalyticsにはTrusted Tester programというベータプログラムのようなものがあり、これに参加することでベータ段階の機能にアクセスできるようになるとか(ref: _trackEvent not showing up in reports)。

イベントトラッキングには、従来はurchinTracker()や_trackPageview()を使っていたかと思いますが、これらの関数は文字通りページビューとしてカウントしてしまうので、多数のイベントが発生する(多数のイベントをトラックしたい)サイトでは、総ページビューの数字などが狂ってくる場合があります。そういったことが起こらないように、イベントはイベントで別立てで集計できるEvent TrackingのAPIが使えるなど、Trusted Tester programはなかなか便利そうです。

MAX 2008/2009 Tokyoは2009年1月29日と1月30日

Adobe最大のユーザーイベントMAXですが、MAX Tokyoは2009年1月29日と1月30日に開かれることが決定したようです。(via. MAX Tokyo Dates Finalized)

まだ日程が決まっただけでプログラムの詳細など出てきていませんが、11月頃にはどんなプログラムを行うのかが出てくるのではないでしょうか。

Webサイトを持っている企業ができる環境貢献 – グリーンサイトライセンス(Green Site License)

企業のWebサイトはその性質上、24時間365日途切れることなくサーバー上で運営されることになります。そこで排出されるCO2は年間およそ1トン(1Uサーバー1台を1年動かし続けると、それぐらいのCO2が排出されます)。

そこで、そのCO2をカーボンオフセットにより相殺する仕組みを考えたのが、Green Site Licenseというサイト。

Green Site Licenseでは、1トン分のカーボンオフセットを1年あたり5,250円で購入できます。これで、Webサイトを運営することによって排出される1年分のCO2をカーボンオフセットで相殺してしまおうという仕組みです。

Continue reading “Webサイトを持っている企業ができる環境貢献 – グリーンサイトライセンス(Green Site License)”

Safari内でのPDF表示をPreviewに戻す方法

Adobe Reader 8などをインストールすると、SafariでのPDF表示が、デフォルトのPreviewからAdobe Reader 8に乗っ取られてしまいます。Adobe Reader 8はだいぶ軽くはなったとはいえ、Previewよりもっさりしているので、Previewに戻してみようと思います。

Continue reading “Safari内でのPDF表示をPreviewに戻す方法”

各種動画ファイルをクライアント側で変換するSorenson Squish

一般的に、動画投稿サイトはMPEGなどの動画をアップロードしてもらい、その動画をサーバー側でFLVに変換しFlashPlayerで再生しています。

対してSorenson Squishを使った場合、ページにSorenson SquishというJavaアプレットを埋め込み、そのアプレットが動画変換をしてくれます。つまり、サーバー側に特別なソフトウェアをインストールすることなく、そのページを見ているユーザーのマシン上で高画質なSorenson Squeezeエンコーダーによる変換が行われることになります。

動画変換は時間コスト・サーバーコストのかかる作業なので、クライアント側に分散してしまおうというアイディアはおもしろいですね。

PDFをオンラインでプロテクトするサービス

Create Adobe PDF OnlineでProtect Adobe PDF Filesというサービスがβ版で提供されています(Via.An Architect’s View – Protect an Adobe PDF File – Public Beta)。

これはPDFファイルに様々なポリシーを設定することができるサービスです。例えば特定のメールアドレス(正確にはAdobe IDですが)を持つ人だけに閲覧可能にするとか、閲覧を特定の期間だけに制限することなどができます。また、だれが閲覧したかなどの履歴をオンラインで参照することもできます。

利用にはAdobe IDの登録が必要で、閲覧にはAdobe Reader 7.0以降が必要です。

GLAN Tankセットアップガイド

アイ・オー・データが販売している自作のLAN接続ハードディスクGLAN TankをRAID1でセットアップする際のガイドです。まとめWikiなどありましたがやはりDebian初心者でいろいろ苦労したので、設定のログを残しておきます。使用したHDDはまとめWikiで動作が確認されていたWesternDigital WD3200JBを2台。追加インストールしたソフトウェアは以下の通り。

  • Samba(GLAN TankはデフォルトではWebDAVでファイルのやり取りをするようになっているので)
  • SSH
  • netatalk
  • hddtemp、ruby、GLANTANK用fandrv/fanctld

Continue reading “GLAN Tankセットアップガイド”

デジタル一眼レフなど高額商品を万が一落として壊してしまった時に備える保険の選び方

最近ではデジタル一眼レフやNintendo DS、PSPなどのデジタルガジェットを持ち歩く方が多いと思います。そういう携行品を諸々あわせると鞄の中身は50万円を超えてきたりして、万が一落として壊してしまったときには、それこそブルーを通り越してダークな気分になってしまうこと請け合い。なので、それらに保険を掛けることにしました。

Continue reading “デジタル一眼レフなど高額商品を万が一落として壊してしまった時に備える保険の選び方”

OSX 10.3でMeCabを使う

現在進行中のプロジェクトでOSX 10.3でMeCab(形態素解析エンジン)を使う必要があったのだけれど、いろいろ苦労したのでメモ。

現在進行中のプロジェクトでOSX 10.3でMeCab(形態素解析エンジン)を使う必要があったのだけれど、いろいろ苦労したのでメモ。

Continue reading “OSX 10.3でMeCabを使う”