ColdFusion 8 (Scorpio)プレリリースプログラムに応募可能

次期ColdFusionであるColdFusion 8 (Scorpio)のプレリリースプログラムに応募可能になりました

MAX2006のScorpioセッションで披露された内容によれば、Scorpioでは今までColdFusionでブラックボックスになっていたサーバー内の様子がモニタリング可能になっているようです。例えばどのクエリに時間がかかっているとか、どのクエリが何回実行されて、キャッシュ上のサイズはどれぐらいかなど詳細に観察可能になっている模様。大規模サイトを運用するにあたっては、何が原因でパフォーマンスが出ないかを解析するのは大事なことであり、それが可能になる今回の改善は非常に嬉しく、また実用的。これでばりばりチューニングできそうです。

各種動画ファイルをクライアント側で変換するSorenson Squish

一般的に、動画投稿サイトはMPEGなどの動画をアップロードしてもらい、その動画をサーバー側でFLVに変換しFlashPlayerで再生しています。

対してSorenson Squishを使った場合、ページにSorenson SquishというJavaアプレットを埋め込み、そのアプレットが動画変換をしてくれます。つまり、サーバー側に特別なソフトウェアをインストールすることなく、そのページを見ているユーザーのマシン上で高画質なSorenson Squeezeエンコーダーによる変換が行われることになります。

動画変換は時間コスト・サーバーコストのかかる作業なので、クライアント側に分散してしまおうというアイディアはおもしろいですね。

Googleが本の著者を呼んで講演してもらっている様子を撮影したビデオ – Authors@Google

様々な本の著者をGoogleに呼んで、講演してもらっている様子をビデオ撮影しているもの、その名もAuthors@Googleシリーズを見つけました。

全て英語でクローズドキャプションなど付いていないのですが、わりと聞きやすい英語なので挑戦してみてはいかがでしょうか。