Edgeニュースレター2008年6月号にDreamweaver CS4パブリックベータの記事を寄稿しました

Edgeニュースレター2008年6月号Dreamweaver CS4パブリックベータの記事を寄稿しました。

パブリックベータの情報は英語が多い中、日本語での数少ないリソースです。連載ではCS4の新機能や改善された機能を中心に扱っています。

第1回目の今回は、洗練されたインターフェース、Related Files – 関連するファイルにワンクリックでアクセス!、多彩なビューの配置方法を扱いました。

今回から3回にわたって連載しますので、次月のEdgeニュースレターもお楽しみに。

Railo – オープンソースのCFMLエンジン

CFML(ColdFusion Markup Language)を実行するエンジンとしては、もちろんAdobeのColdFusionが一番有名なのですが、そのほかにもRailoBlueDragonなどがあります。

そして、今まで商用利用では有償で提供されてきたRailoですが、この秋口からJBoss.orgにてオープンソース化されるとのことです。
via:Breaking news: Railo to open source… Railo!!!!

Continue reading

人材を育てられないWeb業界

僕らWebの黎明期から関わってきた者のすべきことは、新人を育成する仕組みを確立することだと思っている。

例えば、5年前と比べてみればわかると思うけれど、今から新人がWebに関わっていこうと思ったら、個々人に求められる知識やスキルは5年前に比べて圧倒的に増えたことは事実。

きちんと構造化されたHTMLを書くスキル、JavaScript・CSSのノウハウ、サーバーサイドとフロントエンドとの効率的な連携方法、サーバーサイドの知識、インタラクションデザイン、インフォメーションデザイン、アクセシビリティ、コーポレートブランディング、コミュニケーションデザイン、etc。

もちろん、これらすべてを一人で覚える必要は無い。なぜなら、上で挙げたそれぞれの分野がどんどん専門化してきているので、昨今ではサイト1つ作るにも分業せざるを得ないからだ。

けれども、Webのどの職種に就くのであれ、これらそれぞれがどんなものかというボンヤリしたイメージだけでもつかんでおくことは必要だろう。なぜなら分業する相手のことを多少なりとも理解していなければうまく分業できないからだ。

また、自分が就く職種において必須の知識は余すところ無く吸収しておく必要があるだろう。なぜなら、それがプロというものだからだ。

ところで、そういった知識をきちんと教育できる機関や、教育できる仕組み(たとえばOJTみたいなもの)を社内に持っている会社がどれぐらいあるかというと、ほぼ皆無だろう。

なぜ育成できる仕組みがないのだろうか。

Continue reading