ユーザーの体感速度をGoogle Analyticsで可視化する

ユーザーがページをロード開始してから閲覧できるようになるまでのロード時間はユーザーが自分のページを快適に閲覧できているかどうかを示す重要なファクターです。Google Analyticsのイベントという機能を使用することで、ユーザーの実際の体感速度を可視化することができます。

たとえば、このブログのある期間における体感速度のグラフはGoogle Analytics上で以下のように出ています。

Google Analyticsのイベントでのユーザー体感速度グラフ 
44.84%のユーザーは100〜499msでロードできており、1秒未満でロード完了しているユーザーは合わせて73.49%であるとわかります。また、3秒以上かかっているユーザーも7.42%居ることも分かります。3秒以上ロードにかかるようだと離脱率も高くなるので、7.42%のユーザーに対して何かの施策が必要であるということも分かります。

このように、ユーザーが実際感じている体感速度を可視化することで、このWebに高速化が必要かや、どの程度のコストをかけて行うべきかを検討することが出来ます。

この記事では、Google Analyticsを使って、体感速度を記録する方法を紹介します。

Continue reading

Google Analyticsのベータ版に参加する

Google Analyticsにはベータ版のようなものが存在します。たとえば、今現在Event TrackingのAPIは用意されていますが、そのデータを見るためのコンソールが通常のAnalyticsにはありません。

Google AnalyticsにはTrusted Tester programというベータプログラムのようなものがあり、これに参加することでベータ段階の機能にアクセスできるようになるとか(ref: _trackEvent not showing up in reports)。

イベントトラッキングには、従来はurchinTracker()や_trackPageview()を使っていたかと思いますが、これらの関数は文字通りページビューとしてカウントしてしまうので、多数のイベントが発生する(多数のイベントをトラックしたい)サイトでは、総ページビューの数字などが狂ってくる場合があります。そういったことが起こらないように、イベントはイベントで別立てで集計できるEvent TrackingのAPIが使えるなど、Trusted Tester programはなかなか便利そうです。